ホーム> 会社紹介
 

外資系・日系企業向けに様々な会計に関するアウトソーシングの提供を専門とする五星会計法人は現在も多数の現地法人や韓国支社へ会計・税務アウトソーシングサービスを提供しています。クライアントのビジネスを成功させるために私どもは韓国進出段階でより専門的なご相談をさせて頂いています。現地法人や韓国支社への業務支援をするためには業務に必要な英語力に加え、外資系・日系企業組織および業務の特性についての理解を含め、韓国企業向けアウトソーシングサービスとは異なった専門的知識および経験が求められます。 私どもの外国企業部(Foreign Practice Team)・日本企業部(Japan Practice Team)には会計と税務に精通した多数の専門人材が在籍し、外資系・日系企業の皆様の多様なご要望にお応えできる準備を終えました。 近頃、多くの外国企業が韓国へ進出するにつれ会計、税務兼不動産に関するアドバイザリーを提供できる専門家を模索しています。 私どもの外国企業部・日本企業部は韓国へすでに進出した、もしくは今後進出を考えているクライアントが韓国で遭遇するであろう複雑な問題の解消を手助けし、良きパートナーになることを目指しています。

  • 外資系企業の業務の流れ

一般的に、外資系企業は決算を毎月もしくは四半期別に行い、本社に報告をする財務報告体系を整っています。したがって、決算を毎月もしくは四半期別に迅速かつ正確に行って、本社が提示する締切日(Due Date)までに完了せねばなりません。この場合、韓国の企業会計基準により作成した財務諸表を本社用のテンプレートに合うよう変換するので、本社の勘定科目と報告体系に関する理解が必要です。

また、外資系企業の取引は本社との取引が大半なので国際取引に関するプロセスの理解および国際租税に関する専門的な知識が求められます。法律的アドバイザリーや人事事項に関し,適時に対応または回答を提供する必要があるため、税務会計に加え、法律や労務関連の専門家と連携し、サービスを提供せねばなりません。

  • 豊富な経験を持つ専門人材:

    当会計法人の外国企業部・日本企業部は豊富な実務経験と専門性を備えた公認会計士と専門スタッフで構成されています。

  • One-Stop Total Service:

    業務遂行で蓄積された知的資産と専門ネットワークを用いて、会計・税務および経営全般にわたってワンストップサービスを提供することで、クライアントの不便の最小化と業務効率の最大化を図ります。

  • 顧客関係管理:

    私どもの専門人材らは積極的なコミュニーケーションを通じて、クライアントニーズを把握し、それらに応えるサービスを提供します。

  • 合理的な手数料:

    現地法人や韓国支社は韓国法人と同一の税法が適用されますが、異なる点は業務が英語・日本語で執行されます。業務が英語・日本語で行われるとの理由で過度な手数料を請求しません。